b e a r l o g 6


6人の作家のブログです!
by bearlog6
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
bearlog6は終了いたし..
at 2010-12-30 12:14
終了の挨拶・湊 敦子
at 2010-12-29 10:20
終了の挨拶・オカムラ
at 2010-12-28 08:57
終了の挨拶 高氏佳子
at 2010-12-26 18:16
bearlog6卒業のご挨拶..
at 2010-12-25 22:01
終了の挨拶 梅津
at 2010-12-24 14:38
bearlog6終了のご挨拶
at 2010-12-23 15:22
bearlog6打ち上げ&忘年会
at 2010-12-22 08:22
重要なお知らせ
at 2010-12-20 11:39
大人のための造形教室 −不可..
at 2010-12-19 09:51
カテゴリ
リンク
以前の記事
検索

メンバー紹介 オカムラノリコさん

メンバー紹介トップバッターは、名前順によりオカムラノリコさんです。

テディベアというジャンルにおいては、まだまだ珍しい耽美な世界も表現できる
貴重な作家さんだと思います。
豪華で重厚な衣装に魅了された方もたくさんいらっしゃると思いますが、
本体だけで凄みを出せるのは、本当に脱帽です。

a0163299_9455955.jpg


Ashes 2005年の作品です。
作品の画像の撮り方でも、その作家のセンスがわかると思います。
分厚い表紙の写真集の1ページを開いたかのような気持ちになる1枚ですね^^
リボンしか装飾はありません。それなのにこの存在感の強さに惹かれました。

a0163299_946327.jpg


山羊人 2008年の作品です。
常に素材や手法などを探求しているオカムラさんの渾身の一作です。
オカムラさんのブランド名が「Noriko Okamura Dolls」とあるように、
彼女の作品は動物を独自の視点で擬人化したもの・・というスタイルです。
山羊人というのは、まさにオカムラさんの世界観を表した作品と言えます。

a0163299_946598.jpg


Scary kids no.2(くま) 2009年の作品です。
オカムラさんの多様な世界観を垣間見た、ある意味衝撃作品です(笑)
ファンシーでありながらも、どこか狂気も感じさせる作品。
私はどうしても、この子に金髪のストレートボブのウィッグを付けてみたいです(笑)


作品の雰囲気というのは、やはり作者の人柄も多少なりとも反映していると思います。
クールとファンシーが背中合わせの作風はご本人の人柄が成せる事なのかもしれません。
クールな作品が多いので、オカムラさんご本人に会った事がないと、
「クールな人」と思われるかもしれません。
もちろん、作品に対する真剣さや信念のようなものは、誰よりも強くお持ちなのは事実です。
でもとても気さくであり・・・おっちょこちょいな一面もあります(笑)

今年のオカムラさんは、5月のデザインフェスタ、7月のコンベンションと、
対面接客のイベントに力を注がれているようです。
是非実際に作品をご覧になり、ご本人と会話して、
私のご案内を是非ご自身で確かめてみてくださいね!


by 梅津
[PR]
by bearlog6 | 2010-02-05 09:48 | ●記事
<< 楽天ショップ「コレコレ」にて販... 2月の管理人より >>


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧