b e a r l o g 6


6人の作家のブログです!
by bearlog6
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
bearlog6は終了いたし..
at 2010-12-30 12:14
終了の挨拶・湊 敦子
at 2010-12-29 10:20
終了の挨拶・オカムラ
at 2010-12-28 08:57
終了の挨拶 高氏佳子
at 2010-12-26 18:16
bearlog6卒業のご挨拶..
at 2010-12-25 22:01
終了の挨拶 梅津
at 2010-12-24 14:38
bearlog6終了のご挨拶
at 2010-12-23 15:22
bearlog6打ち上げ&忘年会
at 2010-12-22 08:22
重要なお知らせ
at 2010-12-20 11:39
大人のための造形教室 −不可..
at 2010-12-19 09:51
カテゴリ
リンク
以前の記事
検索

TB&F2010 企画解説_2

▶チーキー・パンキー×国内人気作家コラボレーション

a0163299_1832244.jpg

▶チーキー・パンキー×国内人気作家コラボレーション参加作家様
今井昌代 
岩崎千代里 
梅津恭子 
エンドーミユキ 
Omake-Wonder-World 
kinokosupa 
黒ねこ事務所 
KEITA 
gecko 
鶴田眞利子 
細川祐子 
やぐちせいこ 
(五十音順、敬称略)

チーキーコラボ、これは任せてください!と言っても今年は不参加のオカムラです。
昨年まで4回参加させていただきましたので、今年で5回目になるのでしょうか。
1996年、初めてメリーソートのチーキーとのコラボというお話を頂き、
とても緊張した覚えがあります。
チーキーはそれだけでとても可愛らしく、人気がありましたから。
ある意味、とても恐れ多いような気がしました。
私自身チーキーがとても好きでしたから・・・。

チーキーコラボとは、ベースになるチーキーやパンキーを渡され、
それをその作家なりに工夫してコラボ作品にするというものです。
特に加工の制限はありません。
ですから、どこまでどうやるかはその作家次第という事になります。

その作家さんによって加工方法は違うと思いますが、大まかな方法をご紹介します。

1.加工前に、チーキーと向き合うんです。
 まずどのようなイメージ、ポリシーで作るか決める。
 これが揺らぐと大変な事になる。
2.加工箇所を綿を抜き解体する。ハサミを入れる場合もある。
3.場合によっては解体した後、分解し型紙をとる。
4.染色、パーツ作り等
5.パーツを合体させチーキーの形に戻す。スタッフィングを替える場合もあります。
6.形を整え、表面を加工。
 モヘアカット、モヘア・布をパッチワーク、オブジェクトを追加等
7.洋服、小道具等作る。
8.まとめて完成


特にこの最初のポリシーというのに個性が表れて面白いと思うのです。
基本姿勢のようなものです。
ここで作家は悩む・・・。
チーキーを自分の個性に近づける作家と、
自分からチーキーに寄って行く作家に大きくは分かれます。
前者が圧倒的に多いと思います。作家ですから、当然と言えば当然。
そして、チーキーの個性とその作家さんの個性が見事に融合した作品に出会えた時。
そういう時は本当に感激して尊敬の念を抱きます。

チーキーはそれだけでとても個性的で、
それをコラボするのは難しい。
シュタイフを変身させるのとは、たぶん全然違うと思います。
作家の技量が試されるようなそんな企画だと思います。

チーキーを殺さず、自分も生きるっていうのが醍醐味ですが、
まぁ、お客様からしてみれば『作品が良ければそれで良い』で、それですむ話ですがね。

以上私のチーキーコラボへの思いです。熱弁させて頂きました。(笑)


今年も12名の作家さんが挑戦いたしました。
きっと楽しい作品たちが出迎えてくれる事でしょう!




*この解説_1、_2は、作家オカムラノリコ個人の見解であり、
 他の作家さんに必ずしも当てはまるものではありません。
 誤解なきようお願いします。
[PR]
by bearlog6 | 2010-09-11 13:07 | ●記事
<< TB&F2010 作家様メッセージ TB&F2010 企画解説_1 >>


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧