b e a r l o g 6


6人の作家のブログです!
by bearlog6
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
bearlog6は終了いたし..
at 2010-12-30 12:14
終了の挨拶・湊 敦子
at 2010-12-29 10:20
終了の挨拶・オカムラ
at 2010-12-28 08:57
終了の挨拶 高氏佳子
at 2010-12-26 18:16
bearlog6卒業のご挨拶..
at 2010-12-25 22:01
終了の挨拶 梅津
at 2010-12-24 14:38
bearlog6終了のご挨拶
at 2010-12-23 15:22
bearlog6打ち上げ&忘年会
at 2010-12-22 08:22
重要なお知らせ
at 2010-12-20 11:39
大人のための造形教室 −不可..
at 2010-12-19 09:51
カテゴリ
リンク
以前の記事
検索

私のポケットの中身 その2 北尾昌子編

作家のポケットの中身をちょっとだけ覗くアンケート企画。
第二弾はこの方です。

私のポケットの中身 その2
Everynrose  北尾昌子編
a0163299_7151956.jpg


Q1 この映画(TVドラマでもOK)の世界観が好きベスト3
(美術や世界観などでお気に入りの映画を教えてください)

A 最近見たのは(アリスワンダーランド)
ちょっと前は(アバター)
悲しいことに、私は目が弱いのか3Dが観れません。
どうも、立体画面は気分が悪くなるような。。。
なのに、この2つは見たかったのよね〜



Q2 でも、ストーリーで一つあげるならお薦めは?
(ベスト1と言う意味ではありません。)

A 最近いい映画見てないなー
主人と行くので、男の人好みの(ドンパチ映画)や(ハラハラ
映画)ばかり。[XーMEN]とかね。
自分は「エリザベス」みたいな映画好きなんだけど。。
うちのオジサンは寝ちゃうのよー

 

Q3 肥やしになってる大好きな本

A 洋書で猫の生態や種類が出てる図鑑。厚さ3センチなのが
2冊ぐらいあります。
子猫生んでる生ナマしい写真や、病気になってるグロイ写真い
り。「ウギャ〜気持ち悪ー」とか言いながら見ています。

あとはバラの本。
イングリッシュローズの「デ—ビット・オースティン」
その年の新刊もの。
よくこんなバラを作れるな〜っていつも感心。
もう植える場所がないので、ここ近年は見てるだけで
苗の購入は控えてますが。。



Q4 気になってる国や時代はありますか?

A 中世の長〜いスカート履いてる時代。
フランスが好きですが、ドイツに行くようになって最近はチェ
コなど東欧も気になる。
14〜15世紀に作られた街は世界遺産になってて、ドラキュ
ラが出てきそうなあの古さが私にはたまりません。
お国によって建物の装飾が違うのを見るのが、とても新鮮で
私には魅力的です。


Q5 だって、女の子だもん? 恋いこがれた主人公は?

A オスカルとか好きだったな〜(??オスカルは女だよね?)
私の(男言葉)はオスカルの影響か?? ハハハ


Q6 実は私、これ集めてます。
コレクション趣味などあれば教えてください。

A アンティークレースが大好きです。
特にフランスもの。 チュールレースなんてたまりません。
ペチコートや子供の肌着、、、洗礼用のロングなベビードレス
など。カットレースも沢山持っていますが、昔のものは
布がうすい!きっと布を織る糸が細いのでしょうね。
手縫いの仕事は縫い目が見えないほどの素晴らしいものがあり
ます。

岡村さんが言ってたな〜
「自分が着れないから作品に着させるって」
アハハハハ!! その通りだねー




男気?溢れる回答ありがとうございます!

北尾ベアの魅力は繊細で緻密、本物の素材を知っている彼女だからこその
抜群のセンスと完成度といった感じでしょうか。
お花も北尾ベアを語る時に欠かせませんよね。
薔薇の本もあがっていましたが、お庭での薔薇作りにも力を入れられていて、
ベアやご本人の周りにはいつもお花が溢れる華やかさのある方です。
ご自宅でベア教室の他、フラワーアレンジメントも教えているだけあって、
自然の花の持つ、微妙で繊細な色の組み合わせなども、
作品に多いに反映されていると思います。

ご本人を知らない方は、こんな作品を作る人はさぞかし繊細で、
お箸も持ち上げられないような人なのではと思うのでは?
この回答のように、とってもサパサパしたところもある気持ちの良い方です。

「最近いい映画見てないなー」のあとにドンパチ映画とX-MENですよ。
暗にX-MENはいい映画じゃ無かったということですよね(笑)。
気持ちいい程スパッとしているのも北尾さんの魅力です。
自他共に認める猫好きさんですが、上辺だけじゃなくて
生ナマしい、グロい写真も見ているというのを知って、
あの生きているかのような猫作品たちは、
猫好きを越えてフェチの領域の
彼女だからこその観察眼と愛があってこそ生まれるのだなと思いました。

恋人はオスカル、いやあもうありがとうございます。
(ちなみベルばらは私湊のバイブルでもありました。
全巻色鉛筆オールカラー仕上げを誇っております。)

ただ奇麗で繊細なだけでなく、ベースにある力強さがあってこそ
あの魅力的なベアは生まれるのでしょう。

そんな、何処までもついて行きたい北尾さん、
大好評の池袋ベアラボでの講習会第二弾がやってきます。
今回もワイワイガヤガヤ、とっても楽しいお教室となることでしょう。


さて、次回第三弾は少し間が空いて第4週でアップ予定です。
どうぞお楽しみに。
(by 湊)
[PR]
by bearlog6 | 2010-06-10 12:05 | ●記事
<< コンベンション特集 掲載希望者様募集 私のポケットの中身 その1 梅... >>


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧