b e a r l o g 6


6人の作家のブログです!
by bearlog6
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
bearlog6は終了いたし..
at 2010-12-30 12:14
終了の挨拶・湊 敦子
at 2010-12-29 10:20
終了の挨拶・オカムラ
at 2010-12-28 08:57
終了の挨拶 高氏佳子
at 2010-12-26 18:16
bearlog6卒業のご挨拶..
at 2010-12-25 22:01
終了の挨拶 梅津
at 2010-12-24 14:38
bearlog6終了のご挨拶
at 2010-12-23 15:22
bearlog6打ち上げ&忘年会
at 2010-12-22 08:22
重要なお知らせ
at 2010-12-20 11:39
大人のための造形教室 −不可..
at 2010-12-19 09:51
カテゴリ
リンク
以前の記事
検索

私のポケットの中身 その1 梅津恭子編

ベアは作者に似ているとよく言います。
作り手が長い時間をかけて貯めて来た色々な物が混ざり合って、
その人なりの作品が生まれるのだと思います。
bearlog6メンバーのベースにはどんな物が詰まっているのでしょうか。
いくつかのアンケートからちょっとだけポケットの中身を覗くことで、
益々作品を楽しんで頂けたら嬉しいです。


私のポケットの中身 その1
Plum's  梅津恭子編
a0163299_14322513.jpg


Q1 この映画(TVドラマでもOK)の世界観が好きベスト3
(美術や世界観などでお気に入りの映画を教えてください)

A 実はあまり映画に詳しくはありませんが・・・

1位 さよなら子供たち 一番回数見た映画です。
2位 ポネット       死生観みたいなものも垣間見れるのと、子供たちが
               ものすごく可愛くて好き
3位 エリザベス     もう一度ちゃんと見たい映画。



Q2 でも、ストーリーで一つあげるならお薦めは?
(ベスト1と言う意味ではありません。)

A ベスト3の中からって事ですよね?
そしたら「さよなら子供たち」です。

 

Q3 肥やしになってる大好きな本

A 小説 赤毛のアンシリーズ
多分私の思考、言動などかなり影響を受けています

くらもちふさこ キス+πr2、月のパルス

太宰治
若干自分とイメージが重なる時もあります。
どうしようもなくネガティブなのに、表面はお道化てしまうところとか。

アンティークものを紹介する本もかなり栄養になっています。
特に日本の古いオモチャとかを紹介している本が好き



Q4 気になってる国や時代はありますか?

A 国はイギリス 唯一行った事がある国。 
あとはベタだけど・・カナダのプリンスエドワード島
時代は1500年頃のヨーロッパ(漠然と)


Q5 だって、女の子だもん? 恋いこがれた主人公は?

A ドラマのコトー先生 続編よりは最初のシリーズが断然好き。
どの回も大好き。
ドラマ「探偵物語」の工藤俊作 小学校5年くらいから好き


Q6 実は私、これ集めてます。
コレクション趣味などあれば教えてください。

A アンティークもののチンパンジーには弱い。ついつい買ってしまう・・

多い傾向にあるのは、モスクワオリンピックのミーシャ
アンティークもののE.T.
アンティークのラムチョップ
アンティークのピーターパン

アンティークトイが好きです。




トップバッターはビリケンギャラリーでの個展も大盛況のうちに終えたばかりの
梅津恭子さんです。
梅津ベアの魅力は、何と言ってもしゃかりきに真面目、
なのにとっても気の抜けた何とも言えない笑いを誘う雰囲気でしょうか。
あの魅力的な作品は、彼女の計算など無い独特の感性からしか生まれないでしょう。
作品を見る度に、あーよく見てるなあ考えてるなあと感嘆し、
いや、そんなに考えてないか?と言う気になって、
また、いやいや考えてる!と感心すると言った感じ。

見た目だけじゃないおおらかだけと繊細な、
ご本人の奥底にある多面性が作品に出ていると思います。

好きな映画、何か納得ですよね。
繊細さもさることながら、子供目線の観察眼などおば日記にいたる何かも感じます(笑)。

赤毛のアンと太宰治が並ぶところも彼女っぽくて思わず納得。
アンの空想力溢れる天真爛漫さ、人を元気にしてくれる強さと、
太宰のネチネチと其処まで考えなくても…のネガティブさ
思わずあるある…とおもいました(笑)
だからこそ、興味につきない、
いつ見ても違った魅力を放つ作品が生まれるのでしょうね。
もしアンがベアを作ってたら、見方がPlum'sベアに似ているような気が。

憧れの人がコトー先生と工藤君。
私はここが一番梅津さんぽいと思いました。
あの動物たちの雰囲気にかぶるものがあるような…。
そうそう、以前話していて、ハンサムの基準もかなりユニークでした。
其処に居た人皆、彼女のあげるハンサムさんに??でしたっけ



めくればめくるほど色々な物を見せてくれる梅津さん。
7月の管理人でもあり、何やら楽しい企画を計画中とか。
どうぞご期待くださいね。
(by 湊)
[PR]
by bearlog6 | 2010-06-09 14:27 | ●記事
<< 私のポケットの中身 その2 北... 今週末は盛りだくさん >>


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧