b e a r l o g 6


6人の作家のブログです!
by bearlog6
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
bearlog6は終了いたし..
at 2010-12-30 12:14
終了の挨拶・湊 敦子
at 2010-12-29 10:20
終了の挨拶・オカムラ
at 2010-12-28 08:57
終了の挨拶 高氏佳子
at 2010-12-26 18:16
bearlog6卒業のご挨拶..
at 2010-12-25 22:01
終了の挨拶 梅津
at 2010-12-24 14:38
bearlog6終了のご挨拶
at 2010-12-23 15:22
bearlog6打ち上げ&忘年会
at 2010-12-22 08:22
重要なお知らせ
at 2010-12-20 11:39
大人のための造形教室 −不可..
at 2010-12-19 09:51
カテゴリ
リンク
以前の記事
検索

2010年 ドイツ・トータル出展を終えて (中)


4/23(金)
ドイツ・トータルの搬入は、前日の朝早くから始まります。(8:00~)
私たちは午前中に到着。
早すぎて、ほとんどの作家が搬入には来ていません。
a0163299_130961.jpg

しかし、数人が来ていてテーブルをデコレーションしていました。
すごいな~と感心したのは、一つのテーブルを中心に、自分勝手に前後に段をつけて
見上げるような、奥行きのある雛段を作ってしまうこと。
一番高い所で2メートルはあるでしょうか。
日本はテーブル内で、小さく段差をつける程度。
スケールが違います!!
ライトも自分で持ち込んで、ガンガン当て、自分の作品を魅力的にアピールすることも
忘れていません。
色も濃いダークカラーの作品が多く、重~いイメージです。
たった一つのテーブルに圧倒されてる私。。。すごいわ~すごいワーを連発!!
自分の小さなディスプレィがなんだか恥ずかしい、、、
(いや! 海外からはるばる来たんだから、これでいいの!!)
と自分に言い聞かせて。
コンテスト作品を出品しに行く。
日本では、自分で展示場所に飾るのですが、ドイツは受付に持っていきます。
4体分のノミネート作品を提出。 
「丁寧に飾ってくださいね~」と手振り身振りで言ってみる。
判ってくれたかな~
搬入の日はこれで帰りました。


4/24(土)
ショー初日、9:00過ぎに会場入り。
飾ってあるコンテスト作品を見に行き、少し佇まいに手を入れる。
a0163299_145433.jpg

オカムラさんの作品が、なんてしっくり外国の作品とマッチしているのでしょう。
まったく違和感がありません。
a0163299_2474976.jpg

一緒に作品が並んでいることに、喜びを感じました。
日本ではありえない光景です。
なんと、ショーが始まる寸前にコンテスト作品前を背の高いカバーが立てられました。
a0163299_152925.jpg

この衝立越しにお客様が見て(公共賞)に票を投じます。
これって、盗難避け??!! 見えないじゃん!!

10:00オープンになり、お客様が入って来られました。
日本と違うなーと思ったのは、若いお客様があまりいないこと。
年配のカップルや男の人も多くいらっしゃいます。
ふつうの男の人(おじさま)がベアのバッグを肩にかけていたり。
a0163299_2485761.jpg

肩にベアを乗せて歩いていたり。。。
そんな光景が、まったく変でなくしっくり目に飛び込んできます。

私はネコを数体持っていったのですが、ネコ好きの方は万国共通!
日本でお会いするお客様と同じ表情をする海外の方々と、たくさん出会いました。

ドイツの方は、すぐには購入しません。
何度も見に来ては迷って、また去る。そしてまた名残惜しそうに戻ってくる。
そういうことを繰り返して。
(この人ネコが好きなんだな~)
その光景を見ているだけで、私はなんだか嬉しかった。
日本でも、最初はこんなかんじだったな~って、思い出されて。。。
気になるお客様の為に、作品のカードを持ってくるべきだったと後悔しました。

a0163299_2171774.jpg


次は最終回、ドキドキのゴールデンジョージ授賞式です。 by 北尾昌子
[PR]
by bearlog6 | 2010-05-04 02:19 | 北尾昌子
<< 2010年 ドイツ・トータル出... 2010年 ドイツ・トータルを... >>


ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧